ひきこもり主婦が急増!?パルシステム主催「ひきこもり女子会」の情報

TBS「グッとラック!」のひきこもり主婦特集!

 

家から出られなくなって、自宅にひきこもる主婦が増えているそうです。

 

わかる!

 

私も家にいると、時間はあるのに「買い物」や「美容院」などすべてが面倒に感じて

一歩も外に出たくなくなってしまうことがあります。

 

どうしても食糧が足らなくなって、仕方なく外出するのですが、

もし、子供がいなかったら買い物行かなくても済むのに・・・と思ってしまうことも。

 

「ひきこもり主婦チェック」をやってみました!

番組にでてきた「ひきこもり主婦

Q1:結婚を機に仕事を辞めざるを得なかった

Q2:人から頼まれると断ることができない

Q3:買い物はネットばかり

Q4:自宅での食事で同じメニューが続くことが多い

Q5:ポストに郵便物がたまっている

Q6美容院に行くのがおっくうだ

この中の2つ以上当てはまる人は、ひきこもり主婦になる可能性が有りだそうです。

自分は4つもあてはまりました・・・・。

 

ひきこもり主婦とは・・・

家からほとんど出ない

趣味・コンビニ以外は外出しない

家族以外の人とは接触しない

が6ヶ月以上続いている方を「ひきこもり主婦」と言っているそうです。

今、日本では3万人以上もいるそうです。

 

ひきこもり主婦になってしまうきっかけは?

対人関係からひきこもり主婦になってしまうケースが多いとのこと。

嫁姑関係・PTA・ママ友・パート・不妊・育児・転勤

テレビで取材されていたモデルケース

Aさん:友人との些細なトラブルがきっかけでひきこもってしまった。

夫と週に1回買い物以外はベッドで横になっているか、ネットサーフィン。美容院は半年に1回、夫に付き添ってもらわないと外出できない。

Bさん:レジのパートでカスタマーハラスメント(特定の客によるいやがらせ)にあったのがきっかけ。

ということでした。

一旦ひきこもってしまうと、悪循環で外に出るのが怖くなってしまうことありますよね。

とくにAさんは、お料理もシチュー以外は作れなくなってしまったそうです。

 

ひきこもり主婦のためのパルシステム「ひきこもり女子会」

番組では、ひきこもり主婦のための「ひきこもり女子会」が紹介されていました。

 

主催は生協パルシステム。

 

 

私はパルシステムを利用していますが、「ひきこもり女子会」は初耳でした。

 

早速調べたところ、注文画面からの「地域のイベント」で発見!

もともとパルシステムが関東圏の生協になりますので、会場は首都圏となっているようです。

直近では、2/6木曜日に埼玉・浦和駅で開催されます。

詳しくはこちら>>ひきこもり女子会@パルシステム埼玉

 

ひきこもり女子会 概要

申し込み予約も不要です。

開催
2020/2/6(木) 14:00 ~ 16:00
会場
ぱる★てらす 4F 会議室 (JR「浦和駅」下車東口より徒歩3分、北口より徒歩1分/埼玉県さいたま市浦和区東仲町10-7)
参加費
200円
定 員
なし
*申込み不要、直接会場へお越しください。
※お子さんを同席しての参加はご遠慮ください。
主催
一般社団法人くらしサポート・ウイズ(パルシステム東京コミュニティ・ワーク連絡会会員)



パルシステムについて

パルシステムとは
「パルシステム生活協同組合連合会」は、首都圏を中心とした地域生協とパルシステム共済生活協同組合連合会が加盟する連合会組織です。
食を中心とした商品の供給事業や共済・保険事業、福祉・電力事業などを展開しています。



会員生協一覧
パルシステム東京
パルシステム神奈川ゆめコープ
パルシステム千葉
パルシステム埼玉
パルシステム茨城 栃木
パルシステム山梨
パルシステム群馬
パルシステム福島
パルシステム静岡
パルシステム新潟ときめき

ひきこもり主婦かなと思ったら

自分でできること

共通の悩みを持つ集まりで愚痴や悩みを吐き出す。

相談できる相手をみつける。

太陽をあびる;太陽を浴びないとビタミンDが不足して鬱状態になりやすくなります。
ロンドンなどのキリが多い国では、鬱になる割合が高いとのこと。(コメンテーターさん)

 

家でもカーテンをあけたり、ちょっとベランダやお庭にでたりして、日の光を浴びてみるのもいいかもです。

 

周りができること

プレッシャーを与えず、悩みを聞いてあげる。
相手を認めてあげる。

主婦って、じつに人から肯定される機会が少ないんですよね。少しでいいから認めてください。

 

 

ママ友の愚痴も旦那さんはきちんと聞いてあげないとダメだそうですよ!

主婦も一歩外にでたら人間関係大変なんですから・・・・。

 

まとめ

主婦は毎日同じ仕事の繰り返し。

家族のために働いて、金銭的な対価は発生しません。

気づかないうちに、自分の存在はなんなのだろう・・・というところまで追いつめられてしまうこともあります。

 

赤ちゃんのお世話をしていて、気づいたら誰ともしゃべっていなかった、という日々が続いていることもあります。

子供が小さいうちは、ママ友やPTAなど、自分の意思でコントロールできない人間関係に悩まされます。

子供が手が離れたら離れたで、仕事や趣味で外に出ないと、人とかかわる場所がなくなってしまったり。

 

いやもう、ひきこもりでもいいじゃないですか!

家にいて、好きなドラマや映画でも見て、好きなことをして暮らしましょう!

働いて稼いできてくれる家族に感謝して、ひきこもり主婦を満喫。

 

というのもアリではないでしょうか。。。

 

 

最新情報をチェックしよう!