【最新】オンラインで参加できるピアノコンクール|全日本ピアノeコンクール受付期間・エントリー方法など詳細情報について

新型コロナウイルスの影響で、今まで当たり前にできていたことができない状況が続いています。

テレビでも多少は取り上げられていますが、音楽業界の被害は甚大です。

うちの子供も、合唱部最大イベントの「NHK全国学校音楽コンクール」が中止になってしまいました。

他にも、いろいろなコンクール、コンサートが中止になっていたり、途方にくれます。

今回ご紹介するのは、ピアノを習っている方のためのオンラインで参加できるコンクール「全日本ピアノeコンクール」。

将来の演奏家を育む為に、従来の概念に囚われないコンクールの存在が必要だと考えました。
予選ではご自宅で自身が撮影した映像にて審査し、本選では無観客の音楽スタジオで動画撮影にて審査を行います。

予選 6/1~7/20 演奏動画受付期間
本選 9/19(土)・9/20(日)

全国初の試みです。ぜひチェックしてみてください.



全日本ピアノeコンクールとは?

従来の固定固定概念にとらわれない、スマホからでも簡単にエントリーできる全国規模のコンクール。

小学生から一般参加までを対象とした6段階(A~F級)からなる部門。
優れた音楽的才能を発掘・育成するとともに、すべての参加者およびその指導者に自らの達成度を他との比較によって知らしめ、より一層の切磋琢磨を奨励し、音楽文化の発展を目指しています。

eコンクール 映像審査のメリットは?

審査員が何度も振り返り試聴することで、演奏者の順番による点数の差、つけ方が偏らず
公平性を保つことができます。

業界で活躍する最前線の審査員に審査してもらうことができます。

全国どこにいても参加することができます。

スマホからでもエントリーができるので、特別な機材は不要です。

全年代で参加が可能。

こんなメリットも!!
・自分の演奏を多くの方々に観てもらえる
・自分の実力を公平に審査してもらえる
・全国初の試みに参加できる



予選 6/1~7/20 演奏動画受付期間

対象部門

A級 小学1~3年生
B級 小学4~6年生
C級 中学生
D級 高校生
E級 大学生
F級 一般

演奏時間

A級 4分以内
B級 6分以内
C級 8分以内
D級 12分以内
E級 12分以内
F級 12分以内

演奏曲目

予選、本選、いずれも自由曲制です。
クラシック音楽以外で審査が不可能な曲、楽譜が出版されていない曲、音楽著作権を侵害する曲(作曲者没後70年以内)、自作曲では申し込めません。
※著作権に抵触する可能性がある曲に関しては動画公開を控えさせていただきます。
予選・本選を通じて同じ曲でも、違う曲でも自由に申し込みができます。

選曲方法

短い1曲のみの演奏や、短い曲を2曲~3曲組み合わせる事もできます。(曲の増減・変更はできませんが曲順の変更は可能です)
複数の楽章を組み合わせる事や、組曲、変奏曲を抜粋することもできます。申し込み時に抜粋や省略などの記載がなくても、審査に影響はありません。ただし、楽章が未記入の場合は第一楽章からの演奏となります。
自由曲制のため、見本になる曲目一覧はありません。得意な曲、好きな曲などを自由に選択してください

審査員

青柳晋
有吉亮治
泉ゆりの
上野優子
江本純子
大田佳弘
金子 恵
黒岩航紀
坂本真由美
下田幸二
正住真智子
菅野雅紀
菅原望
武田真理
土屋美寧子
浜野与志男
日比谷友妃子
本多昌子
松本和将
山田剛史

審査員詳細はこちら>>【全日本ピアノeコンクール】

予選/本選 参加料金

A級 予選4,000円 / 本選8,000円
B級 予選5,000円 / 本選10,000円
C級 予選6,000円 / 本選12,000円
D級 予選7,000円 / 本選14,000円
E級 予選7,000円 / 本選14,000円
F級 予選7,000円 / 本選14,000円

本選 9/19(土)・9/20(日)

本選会場は東京 吉祥寺のスタジオで無観客で行われる予定です。

本選会場「ピアノスタジオノア 吉祥寺店」

会場公式サイト>> ピアノスタジオノア吉祥寺

エントリー方法

①公式サイトからエントリーをします。

公式サイト>>【全日本ピアノeコンクール】

②エントリー(申し込み・参加費支払い)完了後、公式サイトの動画投稿から動画を提出します。

動画提出締め切りは7月20日まで。
参加者1名につき2エントリーまで可能です。

先着順で、各級100名限定になります。
お早めのエントリーがおすすめです。