赤ちゃんのための液体ミルクを紹介|母乳に近い成分でそのまま飲める災害時のストックにも!

赤ちゃんのための液体ミルクがブーム!

災害時にも使えるということで注目されているそうです。

注目されるきっかけとなったのは2016熊本地震。

フィンランドからの支援物資から配布がはじまったそうです。

ヨーロッパでは2割程度需要をしめている液体ミルク。

安全性への懸念のため導入されていたなかった日本でも、ようやく基準が確立され販売がはじまったそうです。

 

液体ミルクはこんな時に便利!
断水や停電でもOK
夜の授乳に
外出に
赤ちゃんを預けるときに
ストックできる

 

 

液体ミルク

まだ、液体ミルクの市場ははじまったばかり。

種類は少ないです。

江崎グリコ

特徴

◆母乳に近い栄養成分
◆世界で一番使われている「紙パック」
◆「白い」ミルク
◆無菌パック製法で長期常温保存が可能
◆日本初の乳児用液体ミルク

◆江崎グリコ アイクレオ
赤ちゃんミルク(液体ミルク) 125ml
メーカー希望小売価格
オープン価格
価格210円 (税込)

 

詳しくはこちら>>江崎グリコ アイクレオ赤ちゃんミルク 公式サイト

明治

特徴

◆哺乳瓶に注いでそのまま飲める
◆粉ミルクと同等の栄養設計
◆安全安心の品質
◆耐久性の高い缶タイプ
◆水がない・お湯がないときでもOK

明治 ほほえみ らくらくミルク 常温で飲める液体ミルク 0ヵ月から
240ml
[内容量]
240ml
[メーカー希望小売価格]
215円(税別)

 

粉ミルクの手間

もともと日本では赤ちゃんのミルクといえば粉ミルクでした。

母乳が一番とはいえ、母乳がでなかったり、お母さんの事情で飲ませることができないことは多々あります。

でも、粉ミルクは作るのが思ったより大変!

お湯を入れて冷ますだけでしょ、と私も赤ちゃんを産む前は簡単に考えていました。

が、赤ちゃんが鬼のように泣いていたり、真夜中の授乳で

「殺菌した哺乳瓶に、粉ミルクを入れて、お湯を入れて人肌に冷ます」
の工程は本当にツライ。

また、粉ミルクだと外出するときもお湯を持ち歩いたりと大変。

これは、実際にやってみないとわからない苦労です。

液体ミルクの登場というのは、ママにとっては目からウロコ。

よくよく考えてみたら、なぜ、もっと早く開発してくれなかったのだ!と思います。

液体ミルク、災害もいつ起こるかわかりません。

常温で長期保存もOKな液体ミルク、ご活用してみてはいかがでしょうか。